お茶の福本園 産地直送便ブログ 『茶畑便り』

2010年02月24日

お茶園に萱を敷く作業完了♪

ここ数日、2月とは思えない暖かさですね!

3月を通り越して、4月になったような天候です。
ほんと極端ですね〜

このままの気候で推移すると、
今年も一番茶の時期がかなり早くなりそうです。

萱を敷いたお茶畑
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

今日、萱敷きの作業が、ようやく終わりました。

萱(かや)というのは、山に生えているススキ等で、
藁などに比べて腐りにくく、昔から、
萱葺の屋根などに使われていました。

萱を敷いたお茶畑
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

これを茶園に入れると、土が軟らかくなり、
土壌の保水性、通気性が良くなり、
茶の樹がとても元気になるのです。
また微生物の餌や住処にもなりますので
本当に良い事尽くめなのです。

福本園では、良質茶の生産の為に、
そして茶畑の樹勢が良くなるように、
毎年、萱(かや)を茶園に一列づつ
手で敷き詰めています。

今年も、美味しいお茶が採れますように・・・




posted by ふく at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑

2010年02月14日

今年の2月の気候も・・・


最近の気候は、ちょっと極端ですね〜

ここ九州・熊本では、
先月から今月の初めにかけては、
非常に寒さの厳しい日が続いていたかと思うと、
数日前などは、日中は、気温が20℃を超え、
夜も最低気温が10℃以上という異常な程の
暖かい日が続いていました。

昨年(2009年)の2月の気候は、平均気温が平年より
3℃も高いという超異常的な気象状況でした。

今年はどうなるのでしょう?

自然を相手に仕事をしている私達にとって
今後の気候が、とても気になります。

2月の茶園の状態
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

もっとも今週は、再び冬に逆戻りで
また寒い日が続くみたいですが・・・

お茶畑

最近の極端な気象状況の変化は、
一体、何が原因なんでしょう?
やはり地球温暖化の影響でしょうか?

一番茶を控えたこの時期になると、すごく天気や気温に
神経質になり、今後の気候がかなり気になります。

寒い時には寒くというのが一番好ましいのですが・・・

お茶園
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

今現在の茶園の状況は、あまり例年と変わらない様な状態です。

どちらにしても、これから先は、気候の変化が一番です。



posted by ふく at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑