お茶の福本園 産地直送便ブログ 『茶畑便り』

2010年06月01日

もうすぐ2番茶!


今日から6月。早いですね〜
そして、もうすぐ2番茶が始まります!

2番茶
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

上の写真は、昨日撮ったもので、
一番茶の摘採は、4月23日に行った茶園です。

2番茶の新芽
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

品種は「めいりょく」という品種です。
結構大きくなってきました。

今年は、春先から今日まで、
平年より気温の低い日が続いています。

例年なら一番茶摘採後43日後ぐらいに
2番茶が始まるのですが、
今年は、少し遅くなるのではないかと予想しております。

本当に、このところの気候は、ちょっと変ですね!
やはり、これも温暖化の影響でしょうか?

早く、平年並みの気象に戻ってほしいです。


posted by ふく at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑

2010年05月29日

いろいろなお茶畑♪


今、来年の一番茶にむけての管理を行っております。

えっ!?
来年の一番茶にむけての管理???

と不思議に思われるかもしれませんが、
来年、おいしい一番茶を収穫する為には、
今の時期からいろいろな管理をする必要があるのです。

中刈更新後のお茶畑
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

上の茶園は、中刈更新後のお茶園です。
(厳密に言うと中刈と深刈の中間の所で剪枝しております。)

拡大してみて見ると、

中刈後のお茶園の拡大写真
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

結構、ビックリするでしょ!

そうなんです。こんなに低く刈っても茶の樹は、
枯れないで次の芽を出してくれるのです。
すごいでしょ!!

茶の樹は、年々大きく高くなります。
そして、枝も細く、それから出る茶の芽も小さくなっていきます。
これでは、おいしいお茶が採れません。
そこで、2〜3年に一度、茶園の更新として中刈や深刈を行い、
大きくて重い茶の芽が来年、出てくるように管理します。

深刈更新後のお茶畑
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

上の茶園は、深刈更新という管理を行った茶園で
中刈更新園より上で剪枝します。

深刈更新後のお茶園
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

先程の中刈更新園より上から切っているので、
お茶の枝が細く、枝数が多くなります。

深刈園
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

この茶園も深刈更新園です。

これらの更新茶園は、来年の一番茶まで収穫出来ませんので、
一年間でたった1回しか収穫しません。
一番茶だけなのです。

福本園では、良質の美味しいお茶を作るために
毎年、約半分近くのお茶園で、この更新作業を行っております。

一番茶後浅刈園
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

上のお茶園は、一番茶摘採後に浅刈更新を行った茶園です。

浅刈園の拡大写真
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

この浅刈更新園は、7日ぐらい遅れて、
2番茶を摘採する事が出来ます。


この様に、お茶の福本園では、
来年の”美味しい一番茶”のために、
今から、茶園管理を徹底しているのです。



posted by ふく at 20:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑

2010年05月15日

一番茶を終えて・・・


先日、ようやく一番茶の収穫を終え、
今、新茶のお茶作りや2番茶前のお茶園の管理をしております。

一番茶後のお茶園
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

今年は、おかげ様で、
おいしい新茶が出来上がりまして、お客様より、
「今年の新茶は、美味しいね〜」
「今年の新茶は、甘いね〜」などの有り難いお声を頂いております。

本当に本当に、有難うございます。
感謝、感謝の毎日です。

今後も、精一杯、ひたすらに・・・
お茶本来のもつ”美味”を追及していきたいと考えておりますので、
どうぞ、宜しくお願いします。

※上の茶園は、一番茶後の整枝という作業を行った後の茶園です。
良質の2番茶が採れる様に管理しております。



posted by ふく at 19:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑

2010年04月23日

一番茶のお茶摘みが始まりました(^^)

今日から、平成22年度の一番茶のお茶摘みが始まりました。

お茶畑

今年の新茶の始まりは、当初かなり早くなるのではないかと
予想されていましたが、3月4月が気温の低い日が多く、
平年並みの始まりとなりました。

今年の新茶

今年もお客様に、美味しいお茶をお届けできるように、
精一杯頑張ります。

posted by ふく at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑

2010年04月01日

少しづつ大きくなっています(^^)

今日から4月。

ホント早いですね〜
あと新茶の収穫まで、1ヵ月足らずとなりました。

お茶園
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

上の写真のお茶畑は、当福本園で
一番茶の新芽の生育が一番早いお茶園です。

お茶の新芽
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

上のお茶畑の拡大写真です。
近くで見ると、まだまだ小さいでしょ!!

今年は、2月がかなり暖かかったので、
新茶の時期は、かなり早くなると予想していたのですが、
3月に入って、度々、寒気団が南下してきた影響で
かなり寒い日が多く、このまま推移しますと
平年並みか平年より遅くなりそうです。

お茶園
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

上の茶園が、当福本園では、中間的な生育の早さの茶園です。
例年より、かなり遅れている様に感じます。

お茶園の拡大写真
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

私の予想では、今年の一番茶の収穫は、
大体4月の終わり頃から始まるのではないかと考えています。

皆様に、美味しいお茶をお届けできるように、
精一杯頑張ります。



posted by ふく at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑

2010年03月17日

お茶の苗を植えています。

いよいよ、春本番となってまいりました。

先週、真冬並みの寒気の影響で
雪やみぞれが降ってきた時には、
本当に、かなり心配されたのですが、
おかげさまで、全く被害も無く、とりあえず
ホッとしているところです。

お茶畑の方では、早い所(圃場)で
新芽が少しづつ出て(萌芽して)きました。
いよいよ、新茶の季節の到来です!!


今、お茶の福本園では、お茶畑の改植(植え替え)を
行っていて、お茶の苗を1本づつ丁寧に植えております。

お茶の苗植え
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

何時もながら、お茶の苗植えは、本当に大変な作業で、
夜は、痛みで体中が悲鳴を上げています(悲)

この茶園の改植(植え替え)を福本園では、
毎年少しづつ、計画的に行なっています。
改植をする事によって、茶園を蘇らせ、
若くてみずみずしい茶の芽を収穫する事が
出来るからです。

おいしい「ふかむし茶」を作るためには、
改植は絶対的に必要不可欠なのです。

お茶の苗
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

この小さな苗が、茶園の大きな茶樹になるには、
大体、5〜6年かかります。
通常は、3年目ぐらいから少しだけ収穫するのですが、
福本園では、大きくやさしく育てるために、
5年目以降からしか茶摘み(収穫)しません。
その4〜5年間は、茶樹を管理する(大事に育てる)だけで、
全く収穫(収入)は無いのです。(泣)

しかし、美味しいお茶を作るためには、仕方がありません。

丈夫で健全な茶の樹に、早く育ってほしいです。



posted by ふく at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑

2010年03月01日

春の整枝作業中ですが、暖かいですね〜


今日から、いよいよ3月!
月日の経つのは早いですね〜
ホント、あっという間に過ぎ去っていきます。
知らず知らずに、歳を取るはずです(悲)

お茶畑

それにしても、今年のこの暖かさは
「何なんでしょう??!」

本当に異常ですね〜

一気に、”春 ”へとワープした感じです。


こんなに極端な暖かい日が何日も続くと、
自然を相手に仕事をしている私達にとって
いろいろな意味で、かなり心配になります。

春整枝前のお茶園
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

極端に暖かくなりましたので、
数日前から、慌てて春整枝を始めました。

上の写真は、春整枝という作業を行う前の茶園。
下の写真が春整枝を行った後の茶園です。
どうぞ見比べてみてください。

春整枝後のお茶園
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

どうです?!
下の写真の茶園の方が、綺麗に刈揃えられているでしょ!


この春整枝は、「化粧刈」とも言われる作業で
一番茶に古葉が混入しないように、摘採面を綺麗に刈り揃えているのです。


これから一番茶に向けての作業で大忙しです。
頑張ります!!




posted by ふく at 02:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑

2010年02月24日

お茶園に萱を敷く作業完了♪

ここ数日、2月とは思えない暖かさですね!

3月を通り越して、4月になったような天候です。
ほんと極端ですね〜

このままの気候で推移すると、
今年も一番茶の時期がかなり早くなりそうです。

萱を敷いたお茶畑
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

今日、萱敷きの作業が、ようやく終わりました。

萱(かや)というのは、山に生えているススキ等で、
藁などに比べて腐りにくく、昔から、
萱葺の屋根などに使われていました。

萱を敷いたお茶畑
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

これを茶園に入れると、土が軟らかくなり、
土壌の保水性、通気性が良くなり、
茶の樹がとても元気になるのです。
また微生物の餌や住処にもなりますので
本当に良い事尽くめなのです。

福本園では、良質茶の生産の為に、
そして茶畑の樹勢が良くなるように、
毎年、萱(かや)を茶園に一列づつ
手で敷き詰めています。

今年も、美味しいお茶が採れますように・・・




posted by ふく at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑

2010年02月14日

今年の2月の気候も・・・


最近の気候は、ちょっと極端ですね〜

ここ九州・熊本では、
先月から今月の初めにかけては、
非常に寒さの厳しい日が続いていたかと思うと、
数日前などは、日中は、気温が20℃を超え、
夜も最低気温が10℃以上という異常な程の
暖かい日が続いていました。

昨年(2009年)の2月の気候は、平均気温が平年より
3℃も高いという超異常的な気象状況でした。

今年はどうなるのでしょう?

自然を相手に仕事をしている私達にとって
今後の気候が、とても気になります。

2月の茶園の状態
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

もっとも今週は、再び冬に逆戻りで
また寒い日が続くみたいですが・・・

お茶畑

最近の極端な気象状況の変化は、
一体、何が原因なんでしょう?
やはり地球温暖化の影響でしょうか?

一番茶を控えたこの時期になると、すごく天気や気温に
神経質になり、今後の気候がかなり気になります。

寒い時には寒くというのが一番好ましいのですが・・・

お茶園
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

今現在の茶園の状況は、あまり例年と変わらない様な状態です。

どちらにしても、これから先は、気候の変化が一番です。



posted by ふく at 15:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑

2010年01月13日

一面 銀世界。。。

いや〜今日は、雪が凄かったですね〜

雪の中のお茶畑
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

ここ九州・熊本での積雪は、実に平成17年以来とのこと・・・
本当に久しぶりの積雪です。

南国九州では、本当に雪は珍しいんですよ!

すっぽりとお茶畑も雪におおわれております。

お茶園の雪
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

本当に今年は、寒い日がず〜っと続いています。

こんな年は、お茶の木も休眠が深く、
良いお茶が採れるんです。
※もっとも、あまりお茶の木の上に雪が載っている状態が何日も続くのは
良くありませんが・・・

でも、「寒い時には寒く!」というように
暖冬の時より、いろいろな面に於いて
良い結果が出やすいです(^^)

今年も”おいしいお茶”が採れますように・・・



posted by ふく at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑

2010年01月03日

『謹賀新年 2010』今年も宜しくお願いします。

2010年 正月

皆様、新年 明けまして おめでとうございます。

昨年は格別のご愛顧いただき厚く御礼申し上げます。
また、この私のつたない園主ブログ『茶畑便り』に
お付き合い頂き本当にありがとうございました。

本年も精一杯、『茶園づくり(茶園管理)』、
そして、『お茶づくり』に励む所存でございますので
どうぞ、宜しくお願いします。

また、この園主ブログ『茶畑便り』の方も
大自然豊かな「水の都」熊本の”お茶畑 ”から
皆様の所へ「季節の便り」、そして、
「茶畑の最新情報」等をお届けしていきたいと思いますので、
今後ともよろしくお願いいたします。



※昨年よりは、もう少し頑張って
記事の方もたくさん投稿していきたいと思います。

posted by ふく at 00:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑

2009年12月13日

エアー深耕という作業(茶園管理)

只今、お茶の福本園では、

”〜生きた土作り〜 ”

をコンセプトとして、茶園管理を行っております。

”おいしいお茶づくり ”の為には、
良い原料(お茶の新芽)づくり、強いては、
お茶の木の樹勢を良くする事が必要不可欠だからなのです。

その”茶園管理 〜生きた土作り〜 ”の一環として、
今、ダガー空気式土壌改良機という機械を使って、
毎日、エアー深耕という作業(茶園管理)を行っております。

これは、圧縮空気で土を蘇らせるという農作業(土作り)です。

ダガー深耕機
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

上の写真を見ただけでは、
「一体何をする機械なんだろう?」
「お茶園に何をしているのだろう?」
と疑問に思われるでしょう。

でも、この機械は、
地中深く(深さ60p)打ち込んだ後に
一気に圧縮空気を送りこみ、土を耕し、
酸素を供給すると同時に、土の中にある
有害ガスの追い出し、排水を行い、
土壌の物理的構造を改良するという優れた機械なのです。

お茶園の土作り

それも1回の吹気の量(一気に送りこむ圧縮空気の量)は、
なんと、35リットル
一升ビンで約20本分の空気を一気に、土中深く送り込むのです。

すごいでしょ!
本当に優れた機械だと思います。

しかしながら、この様な優れた機械にも関わらず、
茶園管理として使っている所は、今はほとんど無く、
日本全国で、使っている人は皆無ではないか!?
と言っていいぐらいです。

なぜなら作業がすごく大変で、
ひと言で言えば、重労働だからなのです。
(※あまり捗らず、時間が掛かるのも難点。)

しかしながら、お茶の福本園では、
おいしいお茶づくりの為に妥協はしません。

今後も、土作りの為に作業をし続け、
すばらしい茶園になるように管理していきたいと思います。





posted by ふく at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑

2009年12月07日

来年春の改植の準備。

今、お茶畑では、
来年春の改植の準備をしております。

古くなった茶の木を抜根して整地し、
新しい品種のお茶の木に植え替えるのです。
すごく勿体無いように感じますが、
おいしいお茶を収穫する為には仕方ないのです。

この後4〜5年間は、全く収穫出来ません。
ただ、お茶の木が大きくなるように
管理するだけなのです・・・(泣)

改植の準備

上の写真は、今年の2番茶まで収穫して、
そのまま放任しておいた茶の木をバックホーで
抜根し乾燥させているところです。

先月、茶の枝の細かい上の部分は、中刈機で
何回も細かく粉砕し有機物(肥料)として
土に戻しております。

お茶の木
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

この後乾燥したら、焼却して深耕し、
それから綺麗に整地します。

38年間、私たち家族を養ってくれて、
そして、私を子供の頃から育て、ここまで
生活させてくれて、本当にありがとうございました。
お世話になりました。

posted by ふく at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑

2009年11月16日

今年植えた幼木園

皆さん、こんにちは。
もう11月も中旬。いよいよ秋も深まってきました。
茶畑の周りの木々たちも綺麗に色づいております。
ホント美しいですね〜
お茶畑の仕事をしながら、ついつい見とれてしまいます。

ところで話は変わりますが、
今年植えの幼木園が、こんなに大きくなりました(^^)

お茶の幼木園
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

上の写真は、今年の3月に植えたお茶の幼木園です。

お茶の幼木
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

8か月ぐらいでこんなに大きくなりました。

下の写真が3月の植えたばかりの時の写真ですので
比べて見てください。

茶の苗

こんなに小さなお茶の苗が、8か月ぐらいでこんなになったのです。
すごいでしょ!

お茶の幼木
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

品種は、”さえみどり ”といって、早生の品種です。

さえみどりの幼木園

幼木園は、当たり前にお茶が採れる成木園になるまで、
約6〜7年ぐらい掛かりますし、3〜4年間は、
全く収穫できずに管理ばかりしなければいけませんので
労力的にも経済的にも本当に大変です。

直ぐに雑草が生えてきて大きくなり、
幼木園の成長の妨げとなりますし、
出来るだけ直ぐに大きくなって欲しいからといって
あまり肥料をやり過ぎてお茶の木が大きくなり過ぎても、
冬の寒害(幹割れなど)を受けて枯れてしまいますので、
本当に幼木園の管理は難しいです。

これから冬に向けて、まだまだ心配が続きますが、
とりあえず一年目の管理としては、良い方だと思います。


posted by ふく at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑

2009年11月06日

秋整枝がやっと終わりました!

今日(厳密にいえば12時を過ぎたので昨日)、
やっと秋の本整枝が終わりました。

2〜3日前が真冬並みの冷え込みでしたので
整枝時期をずらして、昨日、行ったわけです。

お茶園
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

この茶園は、昨年までは、ず〜っと春(3月上旬)に
整枝を行っておりましたが、
春整枝は、秋整枝に比べて、どうしても
一番茶の品質、収穫量ともに落ちますので
今年は、思い切って秋に整枝を行ったわけです。

やはり、春に整枝をすると、充実した茶の葉や一番茶の芽が
切り取られますので、良い品質の一番茶が採れません。
秋整枝をして、来年の一番茶の芽を大きくしておく必要があるのです。

秋のお茶園(整枝後)
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

それでは、秋整枝も終わった事ですし、
昨日整枝が終わった茶園の同じ場所で撮影した写真を見ながら、
ここ最近一か月の茶園の状態の変化を見比べてみてください。

まず上の写真が秋整枝後の今の状態です。

次に、秋整枝前の予備整枝後の状態の写真です。

お茶園(めいりょく)
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

そして次の写真が、予備整枝前のはさみを入れる前の状態です。

お茶畑
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

一か月の間にこれ程までに変化してしまうのです。
本当に秋の茶園管理は重要です。

来年のために・・・

posted by ふく at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑

2009年11月04日

秋整枝(bQ)

昨日の朝と今日の朝は、冷えましたね〜

福本園の茶畑の直ぐ近くにある熊本空港では、
昨日(3日)が2.7度、今日が3.1度まで下がりました。

ホント 寒かったですね〜
急に真冬に突入してしまったって感じでした。

もっとも今週の週末は、
また平年より気温がかなり高い状態に戻りそうですが・・・

暑かったり寒かったり、気温の変化が極端ですので、
体調管理には、十分に注意したいですね。

秋整枝後のお茶畑
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

上の写真は、前回の記事の続きで
秋整枝後の茶園の状態です。

やぶきた
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

三番茶を摘まずに
そのまま管理していた茶園です。
お茶の品種は、やぶきたで最もポピュラーな品種です。

整枝面の拡大写真
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

上の写真は、そのやぶきた茶園の拡大写真ですが、
葉が大きくてギッシリ詰まっていて、葉層も厚く、
茶の茎(枝)も太く、今年の当福本園の茶園の中で
この茶園が最も良いように感じます。

やはり3番茶は摘まない方が良いみたいですね!

まあ、3番茶不摘採園は、花が咲きやすいという事も有りますので、
一概には言えませんが・・・

今後の茶園管理の中で、一つの成功例として
参考にしたいと思います。





posted by ふく at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑

2009年11月01日

只今、秋の本整枝中!

皆さん、おはようございます。

今日から11月。
早いもので、今年も残すところあと二ヶ月となりました。

只今、お茶の福本園では、秋の本整枝という作業を行っておりまして、
あと2圃場の茶畑で秋整枝は終わりです。

残りの2圃場も、明日から極端な冬型となるという予報ですので、
寒にやられない様にその後に行う予定です。

秋整枝後のお茶畑
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

上の写真は、秋の本整枝を行った後の茶園で、
先日の記事でご紹介した茶園(2番茶後深刈更新園で品種はめいりょく)と同じ圃場です。

整枝前の状態が下の写真ですので、比べて見てください。

整枝前の状態
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

全然違うでしょ!?

この本整枝の作業で約5センチぐらい切り揃え、来年の一番茶に
古い葉が混ざらないようにします。

秋整枝後のお茶園
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

上の茶園の拡大写真です。

どうです。綺麗でしょ!!
この後もう一度だけ春に、反対から整枝(面均し)を行います。

お茶園
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

この茶園は、2番茶後に浅刈更新を行った茶園です。

お茶園
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

品種は、最もポピュラーなやぶきたです。

一番茶後深刈園
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

上の茶園は、一番茶を採って直ぐに深刈更新を行った茶園です。
1年間で1回(1番茶)しか茶摘みを行っていません。

お茶の福本園では、この様に、半分の面積の茶園で
1年間で1回(1番茶)しか茶摘みを行いません。

これも来年、”おいしいお茶 ”が採れる様に泣く泣く行っているのです。

お茶園の拡大写真
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

上の茶園の拡大写真です。
深刈更新を行う事により、葉っぱや枝が大きくなっているのがお分かりになるでしょう。

全ては、来年の一番茶の為に、
お茶の木に優しく感謝をしながら管理しているのです。




posted by ふく at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑

2009年10月23日

予備整枝終了!

お茶畑
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

昨日、やっと予備整枝が終わりました。フゥ〜ッ(汗)

今年は、11月上旬の気候がかなり冷え込むように
予想されておりますので、慌てて作業を行いました。

お茶園(めいりょく)
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

上の写真を見てください。お茶畑の状態は、良いでしょ!!

この後、一週間から10日間後に本整枝を行いますが
今年の茶園の状態は、とても樹勢が良くて葉の色艶も良いので、
今から本整枝後の園層を見るのが楽しみです(^^)

茶園の園層
※この大きさの写真では、分かり辛いですね。

お茶園の拡大写真
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

上の写真は、お茶園の拡大写真です。
これから5〜6センチぐらいまた切る(整枝する)事になります。

早速、明日から秋整枝に取り掛かります。




posted by ふく at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑

2009年10月20日

只今、秋の整枝前の予備整枝中です!

只今、秋の整枝前の予備整枝を行っています。

秋のお茶畑
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

2週間ぐらい前から、この予備整枝という作業を行っておりますが、
今年は、8月のお盆までは、雨がかなり多かったのですが、
その後の8月の下旬から9月いっぱいまでが極端に
雨が少なかったので、あまり徒長枝は少ない状態です。

予備整枝は、必要かな?
と思うような茶園も有りますが、
秋整枝時の葉焼け防止の為と来年の一番茶の芽が包葉の中で、
膨らんで越冬出来るように、全部のお茶園で行っております。

2番茶後浅刈園

上の茶園は、予備整枝後のお茶園で、一枚目が一番茶後深刈園、
二枚目の写真の茶園が2番茶後浅刈園です。

ここ数日も、また、あまり雨が降りませんので、
秋の2回目の肥料が効くように、ひと雨ほしいです。

そして、早く冷え込んでほしいです。
posted by ふく at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑

2009年10月01日

ようやく秋らしい天気になってきました!

皆さん、こんばんは。

今日から10月。
月日の経つのは、ホント早いですね〜

お茶畑
※上の茶園の写真をクリックすると大きいサイズで見れます。

ここにきて、ようやく秋らしい気候になってきましたね!
雨も、適量に降るようになってきましたし、
朝晩もだいぶ過ごしやすくなってきました。

それにしても、今年の9月の天候は、異常でしたね!
雨がなかなか降らずに、毎日残暑が厳しく、
乾燥注意報がず〜っと出ている状態でした。
本当に年々、農業がいろいろな面に於いて、
難しくなっている様に感じます。

お茶畑の方は、こういった異常気象にもかかわらず
お茶の木が頑張ってくれて、かなり良い状態です(^^)

上の写真の茶畑は、2番茶後深刈更新園で、
お茶の福本園の茶畑の中で、一番生育が遅れていた茶園です。
心配しておりましたが、かなり葉っぱも大きく、そして硬く、
充実してきました。

とりあえずひと安心です。


今月10月は、平年並みの天候で推移してくれれば良いのですが・・・
早く、肌寒いくらいの天候になってほしいです!



posted by ふく at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茶畑